脂肪タイプの脚やせを自宅で行う

ボディクリーム

身体の保湿をするのに、ボディクリームやローションを使用している方もいるのではないでしょうか。これは、保湿の他に、引き締め効果もあるものに変えていきましょう。
その際、成分に注目してください。カプサイシンなど、脂肪を燃焼させることに特化した商品を選び、最低でも1か月以上は使うようにします。
継続して使うことで効果を最大限にします。

 

マッサージ

むくみ対策としても、脂肪を燃焼させるのにも、マッサージは効果的です。身体が温まっているお風呂のときに行うと、相乗効果が望めます。その後洗い流すのも簡単なので、おすすめです。

 

マッサージをするときは、脚の指から行います。親指と人差し指の間には、老廃物を排出するポイントがあります。まずはそこを入念にマッサージ。
その後、足首・ひざ・脚の付け根のリンパ節を刺激します。最後に、老廃物を流すようなイメージで足首から脚の付け根に向かってマッサージしましょう。1回5分で大丈夫です。髪の毛のトリートメントを置いている数分で、気軽に行いましょう。

 

ツボ押し

マッサージのついでに、ツボ押しもして、効果を高めましょう。湧泉・大谿・委中の3つのツボを意識してください。3秒ずつ、ゆっくり押すようにします。
湧泉は、脚の裏の真ん中、膨らみの中心にあります。大谿は、足首の内側、骨の下あたり。委中はひざの裏にあります。
それぞれゆっくりと、時間をかけて少し痛みを感じるくらいの刺激を与えます。

 

脚やせグッズ

化粧品雑貨店やドラッグストアでは、様々な脚やせグッズがそろっています。お風呂で使えるローラーや、脚で踏むツボ押しグッズなどがあります。
少しあいたすきま時間でも脚やせできるように、こういったグッズをそろえるのもいいでしょう。お気に入りのグッズを選びましょう。

 

家庭用EMS

エステティックサロンや整体院に行きたいけど、時間もお金もない…自分でやるのも続かない…という方は、家庭用のEMSを使うのがおすすめです。

 

安価なものから100万ほどの業務用に近いものまでそろいますが、価格帯はさておき、パットが4つ以上つけられるものがおすすめです。パワーもできればハイパワーのものがいいでしょう。最近では、業務用に近いパワーのものも出てきました。そして、何より脂肪燃焼モードがあるものを選びましょう。自宅に1台あると、暇をみつけてできるので便利です。

脂肪タイプの「自宅で簡単脚やせテクニック」関連ページ

エステ・クリニック編
どうしても自宅のケアでは脚やせは厳しい、という方はエステサロンやクリニックなどのプロに任せることを検討してみては? 脚やせコースと言っても今やいろいろな手法があり、値段も効果の大小も様々です。 口コミや内容をよく調べ、自分にあったコースを見つけましょう。